HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらないことが判明!!

   

HIV感染者の平均余命、今では一般とほぼ変わらないことが判明!!

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/05/12(金) 23:57:50
http://www.bbc.com/japanese/39880346

ブリストル大学の研究者らによると、HIV治療がこれほどまでに成功しているのは、副作用が少ない新薬が開発され、ウイルスの遺伝子転写による増殖を止める効果が高まったおかげだという。

さらに最新の治療薬については、ウイルスが薬剤耐性を持ちにくくなっているという。

また、HIV検査の技術改善や感染予防活動、HIV感染にともなう各種の健康問題への治療が向上していることも、平均余命の延長に役立ったとされる。

調査の結果、2008年から2010年にかけて治療を開始した人の方が、1996年から2007年にかけて治療を始めた人よりも死亡率が低かったことが分かった。

2008年以降に、ウイルス量が低い状態で抗レトロウイルス薬治療(ART)を始めた20歳患者の、治療開始1年後の平均余命は78歳。つまり、感染していない人とほぼ同じだった。

引用元: http://girlschannel.net/topics/1177217

続きを読む

 - 未分類