藤井聡太五段、羽生善治竜王を倒し史上最年少で六段に 〜五段から六段は2週間で

   

藤井聡太五段、羽生善治竜王を倒し史上最年少で六段に 〜五段から六段は2週間で

2018 02 18 0935

中学生棋士の藤井聡太五段が、朝日杯オープン戦準決勝で羽生善治竜王と公式戦初対戦で勝利し、そのまま優勝して史上最年少の15歳6ヶ月で六段に昇段しました。半端ないっす。藤井 最年少V&史上初中学生六段「望外の結果。でも自信に」という記事になっていました。

17日に東京都千代田区の有楽町朝日ホールで指された朝日杯オープン戦準決勝で、永世7冠の資格を持つ第一人者の羽生善治竜王(47)と公式戦で初対戦し歴史的勝利。さらに決勝では広瀬章人八段(31)を破り、15歳6カ月の史上最年少、中学生として史上初めて一般棋戦優勝と同日付での六段昇段を果たした。

五段になったのが2月1日で、そこからわずか2週間ほどで、2月17日には六段に昇段してしまうという強さを見せつけた藤井聡太六段。少し前まで四段だったのに、どんどん駆け上がっていきますね。

それでも「<続きを読む>

 - 未分類