普段は見ることのできない「迎賓館赤坂離宮」の夜間ライトアップが凄まじく良い

   

普段は見ることのできない「迎賓館赤坂離宮」の夜間ライトアップが凄まじく良い

迎賓館赤坂離宮」の夜間ライトアップが、2016年12月24日、25日に期間限定で行われます。先立って実施された、メディア内覧会に参加したのですが、通常は見ることのできない灯りに照らし出された夜の迎賓館の姿に感動しました。事前申込が必要ですが、興味のある人はぜひ申し込むべきです。

迎賓館のある場所は、かつては紀州徳川家の江戸中屋敷があったところです。洋風の東宮御所を建設しようという機運が高まり1909年に完成、明治時代の建築家片山東熊の総指揮で建設された、日本における唯一のネオバロック様式の西洋風宮殿建築です。

1963年に迎賓館を作る方針が立てられ、赤坂離宮を改修し迎賓館に当てることが閣議決定され、5年余りの歳月と108

億円が投じられ、1974年に現在の迎賓館赤坂離宮が完成しました。

2009年に、迎賓館赤坂離宮の本館、正門、主庭噴水池等が明治維新以降の建造物としては初めて、国宝に指定されました。

迎賓館赤坂離宮の夜間ライトアップ

迎賓館赤坂離宮では、通常の一般公開とは別に、2016年12月24日と25日に特別に夜間ライトアップを行った上で特別公開が行われます。一般公開は昼間が基本なので、特別に夜の迎賓館赤坂離宮が見学できるのです。<‥‥<続きを読む>

 - 未分類