日産、カルロス・ゴーン社長が退任し会長に 〜17年ぶり社長交代

   

日産、カルロス・ゴーン社長が退任し会長に 〜17年ぶり社長交代

日産自動車のカルロス・ゴーン社長が社長兼CEOを退き、代表権のある会長となることが発表されました。後任は共同CEOの西川広人氏。日産自動車の社長交代は17年ぶりとなります。62歳のゴーン氏、日産の社長に就任したのは45歳だったのですね。日産、ゴーン氏が社長退任=4月から会長専念―17年ぶり交代、後任は西川氏という記事になっています。

「コストカッター」の異名を持つゴーン氏は1999年の日産・ルノー提携を受けて、当時経営不振に陥っていた日産に乗り込み、2000年6月に社長に就任。コミットメント(必達目標)を掲げた再建計画「日産リバイバルプラン」を実行、再建に導いた。

カルロス・ゴーン氏は、引き続き日産の会長、三菱自動車の会長、そしてルノーの会長と社長兼CEOを務めるということです。どんな仕事ぶりなのでしょうか、凄すぎます。

日産ゴーン氏、社長‥‥<続きを読む>

 - 未分類