【画像】この栃木県で販売されてる、お値段15万円の「夢のような駅弁」がこちらwwwwwwww

   

【画像】この栃木県で販売されてる、お値段15万円の「夢のような駅弁」がこちらwwwwwwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/06/22(木) 12:32:09.03 ID:CAP_USER9
「夢のような駅弁」を目指して

栃木県日光市に、予約のみで販売を行う1折15万円(税込16万2000円)の弁当があります。その名は「日光埋蔵金弁当」。中身が豪華なのはもちろんのこと、容器と箸にも江戸時代から伝わる日光彫りの名品を使っているといいます。

いくつかラインナップがあり、かつては東武日光駅の駅弁としても売られていたそうですが、どのような経緯で誕生し、またどのような内容なのでしょうか。製造元である日光鱒鮨本舗(日光市大室)の代表、田村公一さんに聞きました。

――15万円の弁当はどのような内容なのでしょうか?

当店の看板商品である鱒(ます)寿司と北海道産タラバガニを使ったちらし寿司、A5ランクのとちぎ和牛を使ったヒレステーキ、日光の刺身ゆば、ロシア産のベルーガキャビア、九州産のクルマエビの塩焼きなど、約10種類が入っています。発売を開始した2006(平成18)年から、中身は基本的に変わっていません。

――価格の内訳などはどのようになっているのでしょうか?

食材費が5万円、日光彫の容器代が12万円かかるため、ひとつ売ると2万円の赤字になり、利益はまったくありません。食材の北海道産タラバガニが高騰したときには、赤字はさらに膨らんでしまいました。しかしお客様サービスの一環として行っているため、今後も製造を止めるつもりはありません。

(以下省略、つづきはウェブで!)



http://news.livedoor.com/article/detail/13233142/

引用元: http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498102329

続きを読む

 - 未分類