【悲報】抗うつ薬は8割の患者に無意味!うつ病は甘えであることが判明wwwww

   

【悲報】抗うつ薬は8割の患者に無意味!うつ病は甘えであることが判明wwwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2018/03/22(木) 06:21:16.24 ID:U6gbLqVi0.net
うつ病の人が増えています。うつ病の治療薬である「抗うつ薬」も、たくさん使われるようになりました。ところが、8割の人には
抗うつ薬は役に立たないといいます。一体どういうことでしょうか。

「効いているのは5人に1人」

抗うつ薬の効果が限定的なことを示す研究は少なくありませんでした。1995年には、米国の精神科医が、SSRIの一種セルトラリンと、
プラセボを比較。セルトラリンでは、うつ症状が改善した人の割合は60%だったのに対し、プラセボでも42%の人が改善したと報告しました。
実際に抗うつ薬が効いた割合は、プラセボとの差である20%足らずだったわけです。

独協医科大学埼玉医療センターこころの診療科の井原裕教授は「抗うつ薬が本当に効いているのは、うつ病の5人に1人。
残りの8割の人には、薬は無意味です」と言います。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180314-OYTET50005/?yid=051DAD4C7&from=ym

引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521667276

続きを読む

 - 未分類