【史跡佐渡金山】懐中電灯の光を頼りに「山師ツアー」闇の坑道を歩く 〜「北沢浮遊選鉱場」「大間港」も【PR】

   

【史跡佐渡金山】懐中電灯の光を頼りに「山師ツアー」闇の坑道を歩く 〜「北沢浮遊選鉱場」「大間港」も【PR】

Sado travel kinzan yamashi 00915t 1

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

佐渡といえば連想するのは、金山という方が多いのではないでしょうか。佐渡金山は1601年に3人の山師により開山されたと伝えられています。それから1989年の閉山まで、388年に渡って金銀が採掘されました。え、1989年!? そうなんです、けっこう最近まで金銀の産出が行われていたのです。その量は金78トン、銀2,300トンと、日本最大級の金銀山です。

現在は「史跡佐渡金山」として金山跡地は公開されており、世界遺産への登録を目指しています。「史跡佐渡金山」にはいくつかの体験ツアーがありますが、今回は佐渡に詳しい方から絶対にオススメと教えて頂いた「山師ツアー」を体験してきました(冬期は雪のため休止しており特別に体験させて頂きました)。

「山師ツアー」は、江戸初期に開削された「大切山坑」を、ヘルメット、長靴、懐中電灯を頼りに、自分の脚で歩いて巡る学術的にも非常に貴重なツアーとなっています。坑道を歩くツアーのため、世界遺産の登録されるとできなくなるのでは、という話もあるそうなので、興味のある方は早めに訪れることをお勧めします。

ここまでの旅の様子は「佐渡旅行」からご覧ください。

「史跡佐渡金山」のコースと料金

今回はレンタカーで佐渡金山を訪れました。両津港から1時間ほどです。

<続きを読む>

 - 未分類