【上海レポート】でスマホ決済の現状を見てきたら他にも最先端がたくさんあった(モバイク・無人コンビニ)

   

【上海レポート】でスマホ決済の現状を見てきたら他にも最先端がたくさんあった(モバイク・無人コンビニ)

Shanghai 4406title 1

ローソンさんからオジ旅に「上海のスマホ決済の現状を見てきてくれませんか?」とご依頼を頂きました。タイ沖縄長野に続く4ヶ所目は海外、しかもオジ旅初の中国でした。なぜローソンがスマホ決済なのか?

中国ではAlipayやWeChat Payといったスマホ決済が一般的となっています。これは決済情報が結びついたスマートフォンアプリで表示するバーコードやQRコードをレジでスキャンして決済するというもの。小銭を持たなくていい、スピーディーに決済できる、偽札の心配がないといったことから、中国では普及しています。ローソンではスマホ決済が60%を超えているという驚きの数字も伺いました。

「日本ではスマホ決済ってあんまり聞かないよね?」という話も聞こえてきますが、この領域はローソンが着々と進めています。みなさんも使っているLINEには「LINE Pay」という決済方法がありますが、まずはこれがローソンのコード決済に対応しています。「LINE Pay」にチャージしておけば、クレジットカードがなくても決済ができる!

さらに2017年夏からは「楽天Pay」のコード決済も対応予定です。楽天市場で買い物をして貯まったポイントがありませんか? それを使うことができますし、ローソンの買い物で楽天スーパーポイントが貯まります。

このように、徐々に日本でもスマホ決済の道が広がりつつあるのです。そこで一足先に、中国のスマホ決済事情を上海で見学してきたのです!

それにしても上海は発展しておりまして‥‥スマホ決済以外にも最先端のサービスをいくつか体験することができたので、それらをまとめてレポートしておこうと思います。

上海のUber的サービス「ディーディーダーチャー」

海外の見知らぬ土地でタクシーを拾うのにUberは便利ですが、上海にはUberと合併した「ディディダーチャー」があります。2016年にはAppleも10億ドルを出資して話題になりました。

<続きを読む>

 - 未分類