「ニスモフェスティバル2016」ファンとメーカーの相思相愛イベント 〜胸熱のレースとレースクイーンと

   

「ニスモフェスティバル2016」ファンとメーカーの相思相愛イベント 〜胸熱のレースとレースクイーンと

Nismo fes 3121

日産に招待して頂き、2016年12月11日に富士スピードウェイで開催された日産のファン感謝祭「ニスモフェスティバル2016」に参加してきました。会場は御殿場、富士山の裾野。

12月の冷えた空気の中、サーキットには爆音を轟かせるかつての名車と、現役でレースを戦うGT-Rと、そしてレースの華であるレースクイーンが集いました。ヒストリカルレースでは旧車と共にかつて最高峰を争ったドライバーのドライブに涙し、大トリの違うクラスのレースに参戦する日産車が一同に介した本気の遊びのレースには、心臓の鼓動がアップビートしていくのを感じました。

GT-R率高めの駐車場、耳だけでなく身体で感じる爆音、目の前を一瞬で走り去っていくレーシングカー‥‥日産が好きな人はもちろんですが、若かりし頃にクルマへの熱い思いを持っていた人ならば、心から楽しめるイベントだと感じました。知らず知らずに封じていた、何かが呼び起こされてしまうかもしれませんよ!

イベントを通して感じたのは、日産が大好きなファンと、ファンを大事にしたい日産の、相思相愛のやわらかい雰囲気に包まれた良いイベントだということです。

その象徴だと感じたのが、イベント終了後に子供たちに渡されるプレゼントが、日産応援団と呼ばれるゴール前で大旗をふる人たちに預けられていたこと。長年に渡って気づかれてきた、ファンとメーカーの絆を感じました。

「ニスモフェスティバル2016」の概要

「ニスモフェスティバル」はサーキットでレースを楽しむのと、メインスタンド裏で物販などを楽しむ、二つの楽しみ方があります。

<続きを読む>

 - 未分類