「カルロヴィヴァリ」チェコの有名な温泉保養地を散策して飲泉 #カルロヴィヴァリ #チェコへ行こう #visitCzech

   

「カルロヴィヴァリ」チェコの有名な温泉保養地を散策して飲泉 #カルロヴィヴァリ #チェコへ行こう #visitCzech

チェコ政府観光局の招待で訪れたチェコの1日目は、温泉保養地として有名な「カルロヴィヴァリ(Karlovy Vary)」です。日本で温泉保養地というと、浴衣で歩くようなひなびた温泉地を想像するかもしれませんが、カルロヴィヴァリは全く違いました。チェコらしい淡いパステルカラーの建物が立ち並び、飲泉を楽しむスパリゾートだったのです。

近くのロケット城に住んでいたチェコの「国の父」とも呼ばれるカルロ4世が、鹿狩の際に発見したことが「カルロヴィヴァリ」という地名の由来とされています(カルロ4世の発見した温泉、というような意味らしい)。16世紀頃から飲泉をするようになり、スパドクターのいる温泉保養地となったそうです。

もちろんホテルによっては温浴施設のあるところもありますが、スパカップという飲泉のための専用カップを購入し、13カ所ある源泉の温泉を飲み歩くというのが「カルロヴィヴァリ」のスタイルです。源泉は成分は同じですが、温度が異なり、飲む量とあわせて効果が変わってくるのだとか。

「カルロヴィヴァリ」の人口は約50,000人ですが、温泉のために訪れる人は毎年75,000人も及ぶそうです。さらにドイツも近く、プラハからも日帰り圏内であるため、2時間程度の滞在をする観光客は年間100万人にも及ぶのだとか。中には本格的に飲泉をするために、3〜4週間の滞在をする人もいます。<続きを読む>

 - 未分類