「アウフヘーベン」だけじゃない!難解な言葉で相手を煙に巻く哲学・思想用語がこちらwwwww

   

「アウフヘーベン」だけじゃない!難解な言葉で相手を煙に巻く哲学・思想用語がこちらwwwww

1: 以下、ニュー速クオリティでお送りします 2017/10/12(木) 21:01:05
http://news.careerconnection.jp/?p=41660

そこで今回、「脱構築」や「コペルニクス的転回」といったそれっぽい用語を独断と偏見で厳選した。難解な言葉で場をしのぎつつ、周囲と差を付けたい時にぜひ使ってみてほしい。

■現代思想で痛々しく、あるいはニーチェで中二病を振りかざす

●脱構築(使いやすさ★★☆、イタさ★★★)

「海外進出の計画は、一度脱構築して練り直すことが必要だと思うんですよね」

簡単に言えば、解体すること

既存のものを変える、くらいの意味で使っておけばいいだろう。

●オリエンタリズム(使いやすさ★★☆、イタさ★☆☆)

「田舎の人が皆、優しいなんていうのは形を変えたオリエンタリズムに過ぎない」

者が持つ、現実とは必ずも一致しない弱者への偏見やイメージくらいの意味で使ってもいいだろう。

■ベーシックな哲学用語を乱発し、周囲を煙に巻こう!

●コペルニクス的転回(使いやすさ:★★★、イタさ★★☆)

「俺には彼女ができないけれど、そのおかげでフラれる心配もないんだという発想のコペルニクス的転回ができた」

「認識が大きく変わった」「それまでの認識が180度変わった」程度の意味で使う人も少なくない。

●ア・プリオリ/ア・ポステリオリ(使いやすさ★★★、イタさ★☆☆)

「あずにゃんが俺の嫁だということはア・プリオリな事実だ」

先天的なもの、すなわち揺るがない自明のこと、というくらいの意味でも使える。

引用元: http://girlschannel.net/topics/1385855

続きを読む

 - 未分類